今思うこと

今回の列車事故は、あまりにもひどくて、

まるで現実の出来事とは思えない錯覚を起こしてしまいそうです。

突然、ご家族や知人の方を亡くされた方々の気持ちを考えると・・胸が詰まります。

原因が色々と取沙汰されていますが、

同じ事が二度と起こらない様、事故が起こった原因をハッキリさせて欲しいと思います。


上手く言えないのですが・・・


自分も含めてそれぞれの人達が何かしら行動して世の中回っています。

その一人一人の根底の部分に「命は大切なもの」という気持ちがなければいけない、

そう思うのです。

最近、その事がなおざりになってる様な気がしてなりません。

便利になって速いペースが当たり前の世の中、まるで流れるように進んでいく日々の中でも、

その事を忘れてはいけないんだと思います。

命はとても大切なものです。一つ一つにそれぞれの人生が詰まっています。

それが突然奪われてしまう事は、悲しい(この言葉しか表現がありません)・・。


亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

この記事へのコメント

2005年04月26日 16:49
本当にそうですね。
私も昨日の自分のDiaryに書いたのですが、結婚をしてからというもの、これから自分の子どもが出来て、家族がどんどん(両家と言う意味でも)増えていくわけです。そんな中で、本当に社会の中の、世の中の危険というものに敏感になります。そして、炒りたまごさんがいうような命の大切さも。若いときほど無茶に生きていましたが、本当に最近その大切さを感じます。
平和で安全であたたかい世の中に戻るといいのに・・・。でもそれを作るのもきっと自分たちなんじゃないかということも考えます。何が出来るでしょうか?何をすればいいでしょうか?・・・と。
2005年04月26日 18:21
ほんとに酷い事故でした。起こるべきして起こった人災事故ですね。悲しいと言うより腹が立ちます。23歳 運転歴11ヶ月の新米に、500人以上の命を預けるなんて無謀です。今となっては被害者に対し、国とJRの手厚い対処を望むしかないですね。
炒りたまご
2005年04月28日 13:57
cloverさんの言うとおり、私達がそういう世の中にしていなきゃ
いけないんですよね。
小さな事からコツコツと・・じゃないですが・・(苦笑)
大きい事柄じゃなくても、身近なところで優しい気持ちを忘れない様に
する・・みたいな事でも良いのではないかと思います(ダンナがこれを
読んだら、ブーイングしそうですが(^^ゞ)
安全で平和・・当たり前の事がこんなに難しいとは思いませんでした。
ほんとのところ、「どうすりゃいいのさっ」って言いたくなります(>_<)
炒りたまご
2005年04月28日 14:07
ペンさんの記事も読ませて頂きました。
本当に・・過密ダイヤの事を考えると、よくぞ今まで同じ事故が
なかったもの・・と思わざるを得ません。
この辺に住んでいると分からないのですが、鉄道会社同志で競争して
いるとは思いもしませんでした。
私も、JRだけではなくて、国にも責任があると思います。
こんな事は二度とゴメンです。
腹が立つといえば、この事故が起きた同日、長野県内で線路に自転車を
置いた事故があって・・もう、自転車置いた人の神経疑いました!
2005年05月01日 08:15
炒りたまごさん、おひさしぶりです。コメント書いたら結構長くなって
しまったので、トラックバックさせていただきました。
よかったら読んでみてください。
炒りたまご
2005年05月02日 13:52
PUMPISSAさん~!お待ちいたしておりました(*^_^*)
腰は大丈夫でしょうか・・?
トラバありがとうございました!これから読みに伺わせて頂きます!
炒りたまご
2005年05月02日 14:17
↑のコメントの続きです。
PUMPISSAさんの記事、読ませて頂きました。
我が家でも遺族の方々の涙を見る度に、泣いてしまいました・・。
そうですよね・・運転士さんもある意味被害者なのでは・・。
もう、何もかも根底から見直しをしたほうが良いのでは?とさえ
思えてきます。
本当に沢山の人達が傷ついた大きな事故・・。
二度と起きないためにはどうしたら良いのか、そこのところを
今後徹底して考えて欲しいと思いました。
トラバ、嬉しかったです(*^_^*)ありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • 「今思うこと」について

    Excerpt: 「今思うこと」について  コメントを書こうと思ったら長くなってしまいそうだったので  トラックバックさせていただきます。      この事故があった時は私は風邪でダウンしていたので、  数.. Weblog: PUMPISSAの手帳@WebryBlog racked: 2005-05-01 08:13