変わらない

先日、久々に友達と食事をしました。

「ピザとスパゲティーを一皿ずつ注文して半分ずつにして食べよう!」という事になって、
聞いた事がない名前のチーズと生ハムとルッコラが乗っかったピザと、
明太子スパゲティーを頼みました。

サラダバーで色々なサラダを好きなだけお皿に盛ってから、一旦テーブルに置きに戻り、
更に好きなドリンクをチョイスしてきてから、あらためて席に座ります。

私よりも1・5倍ほどの量のサラダを盛りつけてある友達のお皿を「そんなに食べるの~」と
からかいながら、自分も、好きな豆のサラダに手を付けた時・・・
何か気になって、もう一度友達のお皿を見つめたら、生のタマネギが乗っかっていた事に
気がつきました。

「ええ?タマネギ、ダメじゃなかっかっけ??」

学生時代・・何かの折にカレーライスを食べた時、タマネギだけ外していた友達の姿が
目に浮かんできます。
(努力して食べられるようになったんだ、すごい)!と思っていたら
「こういう生なら大丈夫だよ~」の声。
なんでも、カレーとか親子丼とか、煮込んであったりする状態のが嫌なんだそうで、
味がついていない生のタマネギなら大丈夫との事。

「へえ~、私とは逆~。
私はカレーライスとか親子丼みたいに煮込んであるのは食べるけど、生はダメだよ~。」

「面白いねえ~。」
「好みって面白いよね~え!」

妙に感心してから再びサラダを食べ始め「これも美味しい」「こっちのも美味しい」と
次々とお腹の中におさめていると、先ほど注文したピザが運ばれてきました。
うわ~、美味しそう~ぉ!の歓声をあげたところに続いて、スパゲティーもやって来て、
スッ・・と友達がスパゲティーをそれぞれに取り分けてくれました。
(も~、こーゆーところ、私はかないません!)

~誰かから取り分けてもらう事って、どうしてこんなに嬉しいんだろ~

ます、ピザの方を一切れ・・・パクッ!
「美味しいね~」互いにニコニコです。
カンナで削ったようなカタチのチーズと生ハムが絡んだ生地を祈るように味わっていると
先に一切れ目を食べ終わった友達が、「今度はスパゲティーを」と食べ始めました。
が・・次の瞬間「・・何か辛いものが・・」と不審そうな声でつぶやきます。

ふと顔を上げれば、眉をひそめてる友達の顔が・・。

その表情を見た瞬間、(え?スパゲティーに何が!)私の頭の中にも不信感が浮かんで、
思わずスパゲティーを睨みつけた時・・・赤いツブツブした物体が・・・・見えて・・。

次の瞬間、友達と二人で顔を見合わせて大爆笑!

「ああっ!そうだ、明太子のスパゲティーを頼んだんだっけ~?!・・・あ~はっはっは!」

ひとしきり笑った後に

「もしかして、忘れてた?忘れてた?」互いに確認しあって

「あっはっはっは」再び大笑い!

今、思い起こすと・・サラダを食べ始めた時点で、すでに注文した品を忘れて去ってしまって
いたような気もするような・・。(こうなると、ピザのほうも怪しい・・)

ゲンキンなもので、明太子と分かった時点で「美味しいね~」と何事もなかったように、
明太子スパを食べた二人なのでした。

その後は、互いのお笑い話で最初から最後まで笑いっぱなしで、
今回の食事も楽しい時間をすごしました。
(前回食事をした時の記事は→こちらです、良かったらどうぞ)

高校生の頃、赤いきつねを食べようとして、スープの袋を取り忘れ、そのままお湯を
注いだ友達がいました・・。
先日、赤いきつねを食べようとした時、その事を思い出して笑いながらお湯を注いでたら
同じ事していた自分がいました・・。

学生時代とはお互い色々環境が変わったけれど、
この先、ずっとこんなふうに生きて行きそうな二人・・・・・・・・・・大丈夫だろうか・・。

でも・・何だかずっとこのままでいたい気もします。








この記事へのコメント

2005年07月03日 01:47
こんにちは。楽しく読ませていただきました。なんだかいいですね~!
お互いの環境が変わる過渡期を過ぎてなお変わらない、ということ。
うーん、なんて言っていいのかいい言葉が出てきませんけど、
いいなー(*^-^*)・・・って思います。
私も、これからも変わらずいい時間を一緒に過ごせる友達でいられるように
心掛けようって思いました(^-^)
2005年07月04日 00:44
私の顔もゆるみっぱなしですよ(*^_^*)きっと楽しくてあっという間の時間だったのでしょうね。笑いもお腹もいっぱいで何よりです^^ 素敵なお友達をこれからも大切にしてください!
・・・ちなみに私、焼きそばUFOを食べる時お湯を入れる前にスープ入れてしまったこと2回あります^_^; 
2005年07月04日 09:35
炒りたまさんの記事を読んで、私も仲間に入れていただいた気分です。
いつまでも、楽しく過ごせるお友達は、何よりの財産だと思います。
これからも、迷わないで^^変らないで居て欲しいな~~~。

2005年07月04日 10:27
いい時間を過ごされたようですね。炒りたまごさんのイメージを、そのまま横にスライドさせたかのような、気の良さそうなお友達(^^)。類は友を呼ぶといいますから、お二人で楽しい時間が過ごせるのですね。
変わらずに、ずっとそのまま楽しくいけると思います。付き合いの浅い深いはあるでしょうが、学生時代を共に過ごした同姓って、やっぱり格別の間柄ですよね。うちの母など見ていても、逢えばいつもの標準語をかなぐり捨てて、方言丸出しで年を30も40歳も戻してしゃべっています。
そういうのって見ていても幸せになりますもの。なんだか、ますます炒りたまごさんが素敵な人だろうなぁ~と想像して、お逢いしてみたくなります(^^♪
炒りたまご
2005年07月04日 13:21
lingさん、
初めまして!コメントありがとうございます!(^^)!
この記事を読んでいただいて「いいな・・」と言ってもらえて、
何だかとても嬉しいです(*^_^*)書いたかいがありました。
出会った瞬間に学生時代のままの会話になれる関係、これからも大事にしたいと思います。lingさんもお友達と良い時間をすごして下さいね(^^)
炒りたまご
2005年07月04日 13:26
耳すまさん、
これが、先日コメントのところに書いた「友達と食事をした」時の記事です。
今頃になってしまいました(笑)本当に笑いっぱなしで、お店を出てからも駐車場の車のそばでまだ笑いあって(苦笑)あっと言う間の時間でした(*^_^*)
UFO・・は、そっか~、麺を柔らかくするから、先に「お湯」でしたね!
それじゃ・・先にスープ入れちゃうと大変なんじゃ?!(笑)
炒りたまご
2005年07月04日 13:31
マコロンさん、
お仲間に入った感覚を抱いてもらえて、嬉しいです(^^♪
>これからも迷わないで・・・←ありがとうございます!そう言って頂けると、勇気が湧きます(笑)年齢を重ねてくると、なんとなく自分で抑えちゃったりする部分が出てきてしまうのですが、これからも変わらない関係を続けて行きたいです(^^)変わらないものがあるという事は大事な事ですよね(*^_^*)
炒りたまご
2005年07月04日 13:39
cloverさん、
まさしく「類は友を呼ぶ」です(笑)大まかに言うと私は「キチキチ性格なのに気が利かなくて」友達は「大らかで気がつく」性格で、私は随分救われてます(^^ゞ家の母もやっぱりcloverさんのお母様と同じで、友達の話をする時はどこか嬉しそうです(^^)(女性のほうが、いつまでも友達・・感が強いかもしれませんね・笑)
>素敵な人・・なんて言われると恐縮です(^_^;)どうか想像を膨らませないで下さい(笑)文章と現実にはきっと凄いギャップが・・(苦笑)