雲間にチラッと

先月、ホームセンターで見かけた日食用サングラスを買って、

今日は朝から楽しみにしていたのに、空の雲の量ったら!

早朝から強い雨で嫌な予感もしたのですが、それでもお天気チャンネルの予報は雲と太陽のマーク。

お洗濯情報も「かわく」になっていたので、「そのうち晴れるわよ!」と期待していたら・・

食が始まる9時50分頃になっても空には雲がいっぱい!

なのに、鳥の声がやけに騒がしくなり始めて・・「良いなぁ、自然の生き物は、おひさま見えなくても

何か伝わってくるんだわ・・」と恨めしく思いつつ、曇り空に喧嘩売ろうと意地で干した洗濯物を

干し終わっても・・何度も外へ行ったり来たり。

そうこうしていると時間はもうすぐ11時、食が最大になる時刻が近づいてきます。


この辺では最大で7割欠けと言われているので、絶対見たい!!


こうなったら、家の中に戻るのはやめて、外に出てじっと空を見上げます。

そこに調度、車検の車を預かりに車屋さんがやってきました。

「来る途中、あちこちで空を見てる人がいたよ」

「やっぱりー」

「適当に雲があれば、形が見え易くて良いと思ったけれど、この雲じゃダメだよね」

「そうそう、私も思ってた、まぶしくなくて良いかもって・・でも、これじゃダメだね、せっかく楽しみにしてたのに」

「どうも行いが悪いんじゃ」

「かもしれないねえー」

(行事が雨で中止になったりすると、どうしてこうすぐに「おこないが悪い」って言ってしまうのでしょうねえ)

冗談まじりにそう言って、互いに笑いながらも残念な思いで空を見上げていると

・・そのうち、強い風が吹き始めてきました。さっきまで何も吹いていなかったのに・・何だか不気味な風です。

これも日食が原因かもしれない・・今朝は鳥がうるさかった等々、今度は日食不思議現象について語り合ってると、

その風に乗って雲が動き出してくれたのですが・・・・・動いているのは低い雲だけ、

高い場所の雲はずっとそこにいるようで・・。

「何とか隙間出来ないかなあ、太陽、どのヘンにいるんだろう」

「あのヘン?」「あっち?」

「何か明るいところが全部そう見える」

「雲に反射しちゃってるから分からないよねえ」

大体80度くらいのところを指差して、「あのヘンじゃない?」と言えば「もっと上じゃない?」という返事。

そんな会話をしているうちに食の最大時間の11時9分になりました。それでも、太陽は見えません。

「何だかさっきより幾分暗くなった気がするよね」「うんうん」

どうにか見たいという思いで空を仰いぎながら、お互いに話を続けていたのですが、

いっこうに太陽が出てくる気配がありません。

やがて・・

「車持っていくか・・」車屋さんも諦めたように、その場から移動し始めた、その時だった・・と思います。

先ほど言われた「もっと上」の空の雲間に、キラン!と何か光るものが!

「あれじゃない?」

ちらっと見えた光るものは、やっぱり太陽で、更に光は強くなりました!

「あったあった!!あそこあそこ!」

大声で車屋さんに声をかけて、私は慌てて玄関の中に日食サングラスを取りに走ります。

サンダルを履きながら、日食サングラスを袋から出しながら、

「これ、どうやって使うか分からないんだけど」

急いでサングラスを車屋さんに手渡すと、早速それを使った車屋さん、

「だめだ、顔がうつってる」

「え!」ビックリして、私も覗いてみれば、自分の顔しか見えないし!

安いからダメだった!・・・・じゃなくて、曇っていて見えにくい状況だったから、かざして覗くだけじゃダメで、

もっと、目に密着させるようにして観なきゃいけなかった

・・・という事をその時は慌てていてそこまで気がつかなかった・・・という・・・。

(世代的に下敷きを覗いて太陽を見ていた人達・笑)


結局、「やめましょう」と言われている肉眼で日食を観てしまいました。

まともに見つめるのは怖いので、やや斜め気味に薮睨みのような目でチラッと太陽を見ると、

そこには三日月形の太陽がありました。

「あれ!そうだよね!欠けてる欠けてる!」

長く観ているわけにもいかないので、チラッとみては、またチラッと・・

喜びも微妙な私と車屋さんなのでした(^^ゞ

見えていたのは30秒もなかったと思います。

それからは、また厚い雲に覆われてしまって、当然、車屋さんは私の車を運転して仕事場へ。

その後、日食サングラスの覗き方も理解した私は、今度こそは!とひとりで空を見上げていたのですが、

30分位して顔を出してくれた太陽さんは、だいぶ太った三日月形(4割くらいの欠けだったと思います)の

太陽さんなのでした。


スパッと晴れてほしかったですが、こればっかりは仕方がないですね。

でっかい扇風機とか、でっかい掃除機とかあったらイイのに・・・ぶつぶつぶつ







この記事へのコメント

2009年07月22日 22:15
見られただけでも良かったじゃないですか。
こちら群馬(高崎近辺)は曇っていて何も見えませんでした。
11時頃、ちょっと薄暗くなったかな?という程度。
無念じゃ。
2009年07月22日 23:56
山梨 笛吹市も見えませんでした。
暗くなってきたかナーと思ったら 雨がふってきましたよ。
残念。
炒りたまご
2009年07月23日 15:45
七代目孫左衛門さん、
そちらは見えませんでしたか、それは残念でしたね(^_^;)
私は欠け始めからうずっと見たかったのですが・・一瞬だけでも見えたので良しとしますか(>_<)今日になったらこの天気!思わず日食サングラスを使おうかと思ってしまったですよ(悔しい~)
炒りたまご
2009年07月23日 15:51
almさん、
山梨も見えませんでしたか・・その上雨まで・・残念でしたね(^_^;)
こちらは雨はなかったのですが。。も~、今日の悔しい気持ちと言ったら!
洗濯物干しながら太陽ばかり睨んでました(笑)
2009年07月23日 18:00
ちらっとだけでも、見えただけいいですよ。
美人でない人も、チラッと見れば全員美人(>_<)
こちらは厚い雲がドッカリと腰を据えていて、
チラッとも見えませんでした~^^
炒りたまご
2009年07月24日 17:22
ペンさん、
そうですね。。全く見る事が出来なかった人達の気持ちを考えると、チラっとだけでも良かったかもしれません。逆に快晴だったら目が危なかったかも(^_^;)←負け惜しみ(笑)来年はイースター島で皆既日食を見る事が出来るようです。また大勢行く事でしょう^^・・私を見る時はチラ見をお勧めしたいです(笑)
2009年07月27日 16:48
こちらも雲の切れ間からの日食観測でしたよー。
しかも肉眼!!
目がくらくらしました・・・・。

テレビで観るような日食(突然暗くなるじゃない??)は経験できず。
ちょっともの足りないよなー。
炒りたまご
2009年07月27日 17:47
だらちゃん、
やっぱり肉眼はヤバイ・・・私も途中で目が痛くなってきちゃって、しばらく痛かったよ(^_^;)
私もあの暗闇を体験した人達が羨ましかった~!あの暗さを体験しないと「太陽が欠けている」っていう実感がちょっと薄いよね(>_<)

この記事へのトラックバック